神経症、あがり症、不安障害、うつ病、対人恐怖症体験記、克服記まとめ

心身症型自律神経失調症、神経症型自律神経失調症、抑うつ型自律神経失調症、不定愁訴、心気症、更年期障害、更年期うつ病、疾病恐怖症

ここに、あなたの自律神経失調症の未来(楽か苦しみか、天国か地獄か)が書かれてあります。 刺激と参考にしてください。 同じ症状の方の体験記ほど教えられるものはありません

抑うつ型自律神経失調症、不定愁訴、更年期障害克服体験談

ミチコといいます。マインドアートフレンズさんのリンク先にも私の更年期障害、更年期うつ病(夫のうつ病)のブログが掲載されています。私は更年期障害と自律神経失調症でとても苦しんできました。

私は夫の鬱病発症をきっかけとして、夫の病気、家計の不安、仕事の重圧、先行きの不安から、自律神経のバランスがぼろぼろになってしまいました。そして、早めの更年期障害が始まって、ひどい自律神経失調症に苦しめられました。 
もともと楽天的な性格でしたが、更年期障害がどんどん深刻化していき、毎日病気の苦しみに責められ続け、私も夫のように鬱病寸前まで行ってしまいました。 
健康体だった私が、はじめて本格的に経験した体調の悪さがストレスとなって、夫のことや将来への不安も重なり、本当に苦しい思いを経験しました。いつ終わかわからない時間の中で、見えない出口を手探りで探していました。

その中で、夫の鬱病と私の更年期障害(自律神経失調症)が、岩波先生の心理プログラムで解決することができました。 
自律神経のバランスの乱れは、ストレス要因がたくさんなる環境では、休んでいても健康的な生活を送ろうとしても正すことは難しかったです。心のどうにもならなさにうろたえるばかりでしたが、岩波先生の技術はそれを上回ってくれました。 
直接自律神経が整えさせられる『魔法の技術』で、自律神経失調症が良くなって、更年期障害への悪影響もなくなり、昔のように不定愁訴に悩まされることなく、今も安楽に暮らせるようになりました。

女性 自営業

自律神経失調症・めまい・胃痛・多感・抑うつ状態体験談

ずっと体調が悪く、仕事の効率も落ち、昔のような元気がなくなりました。どう頑張っても気力がついてきません。時折酷いめまい、胃のムカつき、キリキリ感、もたれがあり、手に汗をかいたりします。 
最初は、夏休みや正月明け、GW明け後の出社や、大事な会議などの前日などに起こっていました。眠れない日もあります。

次第に毎日、理由もなく、それらが起こるようになり、常態化してきて焦っています。 
うつ病だと疑い、病院に通いました。その時に自律神経失調症(抑うつ型)と言われました。抑うつ状態がずっと続いているので、このままだとうつ病になってしまわないか心配です。どんどん仕事の能率が落ちてきて、家にいても体調不良で落ち着きません。一分でもいいから落ち着いて心配せずに生活したいです。 
将来が不安でたまりません。仕事も続けられなくなるかと思うと、さらに自律神経が乱れるのはわかっているんですが、心配で心配でたまりません。誰か助けてください。

40代 男性

自律神経失調症、不定愁訴克服体験記・めまい、頭痛、吐き気、抑うつ克服体験談

自律神経失調症によるめまいに悩まされてきました。かれこれ1年半以上毎日ふらふらするので、体調の悪化を疑い、病院に通いましたが、ぱっとした答えをもらえず、放置していました。いつか治っているだろうと思っていたのですが、それでも収まらず、ほんとうに困ってしまい、必死で医者をたくさん替えました。 
そこでやっともらった答えが、不定愁訴、自律神経失調症でした。メンタル面が原因とわかり、少し安心できたのですが、いつまでたってもめまいが治らず、症状が吐き気、頭痛にまで広がっていくにつれて、対症療法的な薬での治療に限界が来てしまいました。

仕事は辛い中でも長距離出勤をしていたのですが、休日はどっと疲れて、ベッドから出られなくなりました。うつ状態もひどくなって、心配した妻がメンタル面のトラブル解決技術を持つと言われる岩波先生を探しだしてくれました。

最初は乗り気がしなかったですが、背に腹を変えられず、訪問してみました。普通の治療法だと悪化していく一方だったため、最後の頼みでした。

先生の技術によって、放置するしかなかった自律神経にダイレクトな効果があったと思います。ちょっと想像を超えたものだったので、びっくりの連続でしたが、めまいもうつ状態も数回のうちにすっかり消え失せたので本物だと思いました。予備知識もない状態で受けたものですから、何やら訳がわからないままとにかく治った感じです。

今いろいろな経験や知識がある状態から、自律神経失調症を見た時、意識でのコントロールができないから、対処しようがなくストレスになり、それがもっと自律神経の働きを乱す悪循環に入るから、いつまでたっても治らないのだと思います。 
安静していても、体調不良が酷くストレスになってしまって、時間が解決してくれるものでもありません。それに仕事や私生活で別のストレスを持ってしまうと、それも悪化要因になってしまうので、自律神経失調症は厄介な症状だと思います。

自律神経失調症で解決の糸口が見えずに、暗闇をさまよっている人は多いと思います。私はめまいも吐き気も頭痛ももう起こらなくなりました。心身共に頑健になれたと思います。メンタル面のケアや強化、ストレスの耐性はとても大事だと思います。同じ症状で苦しんでいる皆さんは、もっとメンタル面の、それも表面じゃない、根底になる問題を洗い出したほうが絶対にいいと思います。 
自律神経失調症は不定愁訴で目に見えない症状なのですが、眼に見えない部分にこそ原因があります。その解決をしないと、時間とともにずるずると悪化していくかもしれませんので、十分にお気をつけ下さい。

33歳 男性 会社員

抑うつ型自律神経失調症、うつ病体験談・胃痙攣、吐き気、抑うつ体験談

もう、十数年、悩みの日々を送っています。 
症状としましては、胃腸の震え、手が震えて文字を書くのが辛い、身体全体が震えてくる。吐き気、物事を悪い方向に考えてしまう事。 
漠然とした不安感、焦りが酷く、気力が湧かない状態が続いています。生きる意味がないとまで思うようになり、自殺まで考える状態です。

病院にも色々と行ってはみましたが、自律神経失調症、不安障害、うつ病等告げられて来ました。もともとは自律神経失調症から始まったのだと思います。考えると自律神経はずっと乱れて生きてきたんだと思います。 
今現在はカウンセリングと病院治療をやっています。でも、ずっとこんな状態が続くのかと思うと、憔悴感にとらわれてしまいます。年齢も働き盛りの年で、こんな状態になってしまって、人生をやり直すには遅いかとも思いますが、良くなるものならば、何とか人生をやり直したいと言う気持ちは強くあります。

しかし、十数年も症状の改善が見られないので諦めているような状態です。もう何がしたいのかもわからなくなってしまいました。 
こんな状態なので、経済的な不安もあります。今現在はうつ病にもなっていると思います。

38歳 男性