神経症、あがり症、不安障害、うつ病、対人恐怖症体験記、克服記まとめ

パニック発作、過呼吸、予期不安、乗り物恐怖症、外出恐怖症、広場恐怖症など

ここに、あなたのパニック障害の未来(克服か不安・恐怖の毎日か、天国か地獄か)が書かれてあります。 刺激と参考にしてください。同じ症状の方の体験記ほど教えられるものはありません

パニック障害・うつ病・対人恐怖症体験談

はじめまして。中学生の頃からパニック障害の軽い兆候がでるようになり、それからは、どんどん症状が悪化する一方で、今、鬱病や不安感や対人恐怖とあらゆる神経症の状態になっています。 
向精神薬を手放せなくなり、一度減薬を試みましたが、失敗して、もう離脱症状の怖さから、やめられなくなりました。

パニック障害のせいで、人目が気になったり、鬱病になったりしています。 
いろんな治療をしました。神経症の本も読みあさっていました。ネットで検索も良くしていました。でも、いろんな治療を試しても病院に通っても暗闇から抜け出せませんでした。 
この状態で15年たち、今30歳を過ぎてしまいました。一生薬を飲みながら暗闇の中を生きなくてはいけないのか、絶望ばかりです。

まだ十代や二十代前半の頃は、時間が治してくれる、いつのまにか治っていると思っていました。でも、20代後半からは、鬱病もひどくなり、人目も気にするようになり、外出もパニックもあってできなくなっています。 
薬を飲んでいたら、パニック障害がいつのまにか良くなっていると甘い考えでいたのがいけなかったのかもしれません。 
今は抗鬱剤や睡眠薬が増えて、薬漬けです。仕事も続いた試しがなく、今はニート生活をしています。

30歳 女性 無職

パニック障害・不安神経症・過換気症候群体験談

パニック障害、不安神経症だと言われています。とにかく、緊張状態が続いたまま不安感も続いています。3年くらい前から、徐々にパニックや不安神経症が悪化しています。 
今までに過呼吸で4回救急車で運ばれたこともあります。

メンタルクリニックではデパス、パキシル10mgからはじまって、いまは20mgを服用しています。コンスタンも飲んでいたことがあります。 
不安なことは、パキシルもコンスタンにしても、最初はマシだったものの、徐々に効かなくなっているような気がしています。薬が効果がなくなったら、量が増やされる不安です。ずっと飲み続けることだけは、なんとしても避けたいと思っているので、先が見えない薬物治療に焦りを感じています。 
本を読んだりして、一時的に納得したりして、うまく心のコントロールができる気がしていましたが、最近は常に体の緊張が酷くて、体が硬直している感じが続いています。かちかちになってしまっているのは薬の副作用のせいなのか、パニックの症状のせいなのか、仕事のストレスなのかよくわかりませんが、前よりも過呼吸が起きやすいような気がしています。

本当にわらをもつかむ気持ちでいっぱいです。この症状が治るためならば、どんなことも惜しみません。このまま苦しい思いをしていくのが私の運命だと思うと、気が気でありません・・・。

38歳 男性

パニック障害・電車恐怖症・乗り物恐怖症克服体験記

私もパニック発作と予期不安の荒波の中をで溺れそうになっていました。 
私は電車にずっと乗れませんでした。仕事で飛行機や電車を使うこともあるため、タクシーや車で行けない時は非常に苦労してきました。退職を覚悟しなければならず、今後の生活をどうしたらいいのか? 簡単に条件のいいところ(子育てもありますし、家族を養わなければならない)に再就職できる年齢ではなく、そのうえパニック障害では、どちらにしても先行きが不安でたまりませんでした。 
絶望以外に道はないのか?? こんな自問自答をしていました。

薬に依存している私もイヤでしたし、何とか根本的に治す方法はないものかと思いながら検索していたところ、よしお様や同じ岩波先生のセラピーでパニック障害や電車恐怖を治された方がいて、思い切って受けてみました。 
それが今では新幹線も乗れるようになり、もっと困難だった飛行機もぶっ倒れる覚悟で搭乗したところ、なんと無事に到着地まで行くことができ、帰りはもっと余裕でした(ドキドキしましたが、すごく自信がつきました)。

皆様からのありがたい体験記を読み、こうして乗り物恐怖や予期不安の苦しみから抜け出せまして、感謝の気持ちでいっぱいです。

40代 男性 会社役員

パニック障害・過呼吸・うつ病体験談

私は、3年ほど前に過呼吸のパニック発作がきっかけで、精神的、身体的に症状(動悸が激しく、呼吸が苦しく、不安感がすごい、予期不安や希死念慮)を感じるようになりました。病院を数件まわっても、異常無しと言われ、数ヶ月安静にしても回復しないので、精神科で診ていただいたところ、不安障害、不安神経症、パニック障害と診断され、ドグマチールとレキソタンを飲み始めました。 
薬を飲み始めると、そこそこ落ち着きは感じられましたが、感情が無いような、テンションが低い鬱々とした日々を過ごしていました。 
薬の副作用か、性欲も低下してしまい、人付き合いも誰とも疎遠になり、孤独になりました。

それでも、薬を飲んでいたらいつかは治るだろうと思っていましたが、仕事の繁忙期に、今までになく症状が悪化し、別の病院に行きましたが、まったく身体に合わず、余計にパニック症状に苦しみ、(希死念慮がひどかったです。)、会社も休職せざるを得ませんでした。

今は元の精神科の先生にドグマチールとレキソタンの処方の他に、カウンセリングを受けています。しかし、回復は一行として進まず、未来のことを考えると不安になり、うつ症状がひどくなっています。 
パニック障害から、抑うつ状態からの回復はもちろんの事、社会で活躍できる自分を取り戻したいと強く思っています。 
しかしこのままでいいのだろうかと、暗中模索している状態です。

35歳 男性 会社休職中

パニック発作・留守番恐怖症・乗り物恐怖症・抑うつ状態体験談

私は幼いころから家族内のいざこざがあって、高校の時に、ストーカーまがいのことや人間関係などに悩みをもちつつ生きてきました。それでも部活動や受験勉強に頑張っていましたが、予備校帰りに急にパニック発作に襲われてからは、ちょくちょくパニックを繰り返すようになりました。 
精神的に不安定になり、受験も諦めました。乗り物に乗れなくなったので、海外で働く夢も諦めなくては行けなくなったり、友だちに旅行に誘われても断らなくちゃいけないようになるなど、うつ状態もひどくなっていきました。 
SSRIを飲んでいますが、やはりつらくて仕方ありません。

楽しいときも、感動するときも、落ち着いていられるときもありますが、不安や恐怖から抜け出せずに、よくパニックになってしまいます。 
今付き合っている彼氏とは、パニックのせいでしっくりいかなくなっています。私が振り回してしまうのが原因だと思いますが、留守番恐怖があって、一人になるのがとても怖いんです。

このままやりたいことを制限して生きることを考えると、落ち込んでしまいます。パニックが憎いです。私のやりたかったことが何一つできていませんし、これからもできそうな気がしません。本当に困っています。

24歳 女性